【治療記録】体外受精/診察 第2子の治療をはじめる時期について相談&無月経のためプラノバールを処方してもらいました。

2018年3月3日。

第1子を出産してから津田沼IVFクリニック(以下、TIC)へ行ったのは
昨年11月に凍結胚を更新したときでした。

津田沼IVFクリニックで、大切な凍結胚の更新手続きを終えました&1年間の更新費用は「64,800円」でした。
11月26日(19w6d) 2年半ほど不妊治療をしてきたわたしが、津田沼IVFクリニック(以下、TIC) に転院してはじめて...

あれから4か月後。

第2子の治療をはじめる時期、そして無月経による薬の処方をお願いするために
TICへ行ってきました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

体外受精/診察 第2子の治療をはじめる時期について相談&無月経のためプラノバールを処方してもらいました。

●治療記録
2018年3月 第2子/診察

8時20分 受付
10時00分 診察①・内診
10時10分 採血・薬の受け渡し
10時20分 お会計

当日は、どうしても院長先生に確認したいことがあったため
事前に電話をして院長先生を指名していました。

院長先生
めるさん、こんにちは。おひさしぶりです。
(問診表を見ながら…)今回は第2子の治療についてですね。いつごろはじめる等ご希望はありますか?
また産院の先生からは、帝王切開の場合どのくらいからはじめていいか言われていますか?
める
先生、ご無沙汰しております。
このたびは無事に出産できましたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました。
今日は第2子の治療のはじめどきについて相談したいと思って来ました。
産院の先生からは1年半程度を目安にと言われています。そのためわたしも最短で10月くらいから治療をはじめられたら…と考えています。
院長先生
いえいえ、わたしは何も。でもお子さん無事に出産されて本当に良かったですね。
はい、第2子についても分かりました。それでは移植は10月以降ということで認識しておきます。
めるさんは無月経なので、さきに生理を起こさせる薬の処方が必要ですね。授乳はもう終わっていますか?
める
ありがとうございます。
はい、昨年12月に断乳をしてからまだ生理は来ていません。元々無月経だったので、生理を起こさせる薬もいただけますでしょうか。
院長先生
分かりました。それではまずは内診をして、帝王切開の傷と子宮の様子を見せてくださいね。
(内診後…)はい、子宮は特段問題無さそうでした。帝王切開の傷も綺麗でしたね。
それでは今日から10日間「プラノバール」を飲んでもらって、生理が来たら1~3日以内にまた診せてください。生理後の内膜の状況を確認しますので。
それから、今日採血もしましょう。採血結果はまた次回にお話しします。
める
ありがとうございます。
はい、また生理が来たら伺います。
今回は採血をした次回の診察後、そのまま今年末に移植に入れますか?なにか必要な検査は他にありますでしょうか?
院長先生
そうですね。めるさんの場合、体外受精の移植をご希望ということだったので事前に子宮鏡検査だけはしておきましょう。帝王切開だったので子宮の癒着を確認しておきたいです。
あとは検査する必要はありませんので、その時期がきたら移植周期に入りましょう。
める
分かりました。ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

ひさしぶりにお会いした院長先生は
相変わらずやさしい口調で淡々と話を進めてくださいました。

診察のあとはすぐに採血に呼ばれ、そのあとお会計となりました。
当日は2時間コースとなりました。

今回は、生理を起こさせる「プラノバール」と一緒に
頭痛持ちのため「カロナール200」も処方してもらっています。

ひさしぶりのクリニックは、産院とは全く異なる独特の雰囲気がありました。

わたしは幸い移植周期8回目にして息子を授かることができましたが
ここにいる方々は、まだ見えぬわが子のためにがんばっているんだ…

そう思うと、ぎゅっと胸が締め付けられました。

次回の診察は2週間後の予定。

仕事復帰までにできるだけのことをしておきます。

そしてひさしぶりのプラノバール。
忘れないようにしっかりと飲んでいきたいと思います。

●通院備忘録
3/3 診察・内診・採血
3/17 診察・内診・採血結果

●体外受精/第2子にかかった費用&治療費総額

第2子 治療内容
通院数 金額
初診(診察・超音波検査・投薬(プラノバール・カロナール)) 5,070円
治療費 総計 5,070円