【保活】0歳~5歳児の保育料(※認可外A保育園と認可H保育園)まとめ。

わたしの職場復帰に向けて
4月で1歳になる息子を保育園に預けることになります。

【保活】0歳児の保育園。認可外A保育園(第1希望)の入園手続きの案内(内定通知)が届きました。
2017年12月中旬。 認可外のA保育園から、無事に入園の内定通知が届きました。 ※A保育園は認可外と書いていますが、正確には認...

そこでまとめておきたかったのが、保育料のこと。

今日は、認可外A保育園と認可H保育園それぞれに入園した場合
0歳~5歳までの費用についてまとめていきます。

※以下、A保育園は認可外と書いていますが正確には認証です

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

0歳~5歳児の保育料(※認可外A保育園と認可H保育園)まとめ。

■保育料の比較(月額で算出)

年齢 A保育園(認可外)
基本時間8時~18時/
延長1時間(7時半~8時/18時~18時半)
H保育園(認可)
基本時間7時15分~18時15分/
延長1時間(18時15分~19時15分)
0歳 48,500円/月×12=582,000円 48,100円/月×12=577,200円(※3)
1歳 46,500円/月×12=558,000円 48,100円/月×12=577,200円(※3)
2歳 46,500円/月×12=558,000円 48,100円/月×12=577,200円(※3)
3歳 29,000円/月×12=348,000円(※1) 26,900円/月×12=322,800円(※4)
4歳 34,000円/月×12=408,000円(※2) 22,300円/月×12=267,600円(※5)
5歳 34,000円/月×12=408,000円(※2) 22,300円/月×12=267,600円(※5)
0~5歳
年間合計
2,862,000円 2,589,600円

※1 幼稚園認定の場合(3歳児)
認定時間(9時~14時):3,000円
認定外時間(7時半~9時/14時~18時半):17,000円
特定負担額(教育充実費・教材関係費・給食費):9,000円
※2 幼稚園認定の場合(4・5歳児)
認定時間(9時~14時):3,000円
認定外時間(7時半~9時/14時~18時半):17,000円
特定負担額(教育充実費・教材関係費・給食費):14,000円
※3 延長保育料(0~2歳児)
認定時間(7時15分~18時15分):44,100円
認定外時間(18時15分~19時15分):4,000円
※4 延長保育料(3歳児)
認定時間(7時15分~18時15分):22,900円
認定外時間(18時15分~19時15分):4,000円
※5 延長保育料(5歳児)
認定時間(7時15分~18時15分):18,300円
認定外時間(18時15分~19時15分):4,000円

※1、※2の幼稚園認定について
認可外A保育園は、0~2歳児までが対象
必然的に3歳からグループ園に転園となります
(保育園認定としてではなく幼稚園認定として転園するため)

認可H保育園について
1歳~5歳児のときわたしの年収は時短で減額になるので
もうすこし下がると思います
(現段階で算出できないため、0歳児と同額で記載しています)

以上が、概算の保育料になります。

める家の場合、「7時半~18時半」の間保育園に預ける予定。

そしてわたしは時短で業務時間が「9時~16時半」までになる予定

職場が移転をしてしまい、ドアツードアでも1時間半ほどかかるので
16時半退社がギリギリになりそうです…。

登園は夫が担当。お迎えはわたしが担当。

保育園では、どちらも20時までは預かってもらうことができます。

ただその時間まで延長している子はほとんどいないと聞いたこと
はじめからフルタイムに戻る自身がないため、時短制度をつかいます。

こうしてみると、認可外A保育園と認可H保育園の保育料については
大差ないことが分かりますね。
(わたしの住む地域周辺の中では、A保育園はかなり良心的だから)

2月中旬に結果が分かる認可H保育園。
ここに受かるかどうかまだ分かりませんが、仮に受かったと仮定すると…

一番はやっぱり大切な息子を長時間預けるので
わたしたち夫婦の考えと、園の方針が合うところを選びたいと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)
ワードプレス②-レクタングル(大)

シェアする

フォローする