0歳児の絵本 どのくらい持ってる?読み聞かせること3ヶ月。生後5ヶ月の息子が興味を持った絵本はこの7冊!

0歳5ヶ月の息子。

生後2ヶ月半ごろから、絵本を一緒に見るようにしています。

いまわが家にある絵本はこの7冊です。
(にじいろのさかなは、中に2冊入っています)

はじめのころは興味を示しませんでしたが、毎日読み聞かせをしていると
絵をじーっと見つめるようになったり笑うようになったり…

日に日にすこしずつ、読める冊数も増えてきました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

0歳児の絵本 どのくらい持ってる?読み聞かせること3ヶ月。生後5ヶ月の息子が興味を持った絵本はこの7冊!

左上から順に

・にじいろの さかな 0歳の本(全2冊)
・はじめてのこぐまちゃん(全3冊)
・いない いない ばあ
・しましまぐるぐる

にじいろのさかなとこぐまちゃんは、出産祝いで同僚からいただきました。

出産お祝いに男女共におすすめの「マールマール」のまあるいよだれかけ(スタイ)。職場の方へ送ったらとっても喜ばれました♪
今年の6月某日。 職場で仲良くしてくれていたAさんが、かわいい女の子を出産しました。 Aさんは40代前半。息子さ...

にじいろの さかな 0歳の本

ほとんど文字のない絵だけの本です。とても綺麗な装丁でジャバラ式になっています。
さかなに興味を持つというより、きらきらしたさかなを目で追っています。

はじめてのこぐまちゃん

月齢のちいさい子用といった感じ。
「たのしいいちにち」はストーリー性に。ほかの2冊は1ページごとに紹介されています。
原色が上手に使われているため、生後2ヶ月半の息子の食いつきはこれが1番でした。

いない いない ばあ

言わずと知れた名作。
動物やこどもが顔を隠したあとに「ばあ!」といいながら顔を出します。
いまはまだ息子の反応は薄いものの、たまに「キャハッ」と笑うことも…
表情が分かりやすく書かれていて、読んでいる方もたのしくなってしまいます。
月齢が進んでからもたのしく読めそうです。

しましまぐるぐる

しましまぐるぐるは、図書館で借りてみて良かったので楽天ブックスで購入。
(画像はまだ図書館の借りた本です)
しましま模様とぐるぐる模様にまつわるものがページ毎に登場します。
ストーリー性はないものの、リズムよく読めます。
すこしグズっているときは、この本を読むと落ち着いてみてくれます。

もともと本が好きなわたしでも、0歳の絵本はストーリー性がないので
どうやって読み聞かせしたら良いのか試行錯誤していました。

それでもじーっと見つめたり、「キャハ♪」と笑ってくれる息子を見ると
ついつい何冊も読み聞かせをしたくなってしまいます。

どの絵本も共通しているのが、シンプルな形や、明るい色。

これは子どもの認識力、想像力を育てるためでもありますが
親子のスキンシップとしても、絵本を読むことは良いことだなと感じます。

もうすこし大きくなったら、もっとたくさんの本を一緒に読みたいな。

いまから考えるだけでワクワクします。