【0歳育児】”げっぷを出させる方法”が通用しなかったげっぷ苦手な息子。10分でげっぷが出せるようになったその方法とは?

今日で生後4か月を迎えた息子。

体重は、平均よりやや下ではあるものの元気いっぱい。

日に日に大きくなる姿がほほえましくもあり、時折さびしくもあります。

そんな息子。

舌の構造からか、母乳やミルクを飲むのが苦手(空気をいっぱい飲みこむ)

しかもげっぷを出すのも苦手。

はじめての小児科にかかったときに、先生から言われました。

【0歳育児】生後1ヶ月半。小児クリニックで予防接種のスケジュールを決めてきました!
2017年5月19日(生後1ヶ月半) 生後1ヶ月半を迎えるころに、近所の小児クリニックへ行ってきました。 ...

ミルクも母乳もたっぷり飲むのに、そのあとの”げっぷ”がなかなか出ない。

下手したら1時間以上もかかっていることも。

いままではずっと、わたしのやり方が下手だから申し訳ない…
そう思って、一時期は授乳の時間が憂鬱になってしまうことも。

でも生後2ヶ月のとき、予防接種で小児科の先生にそう言われてからは

いままで以上に息子が苦しまないよう
できるだけ短時間で”げっぷ”をださせるやり方を、試行錯誤する日々。

ようやく生後2ヶ月ごろから、10分でげっぷが出るようになりました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

”げっぷを出させる方法”が通用しなかったげっぷ苦手な息子。10分でげっぷが出せるようになったその方法とは?

「赤ちゃんのげっぷが出ない」

こう検索すると、あらゆる方法の情報を得ることができます。

いろいろと試しましたが、上手くいくときもあれば、ダメなときもあり。

だいたいは3~4回に1回成功すれば御の字といったところでした。

こうして、最終的に落ち着いた(1番息子にあった)げっぷの方法がこちら。

①授乳後、膝の上で(親と正面で向き合えるよう)寝かせる(数十秒)

②縦抱きにして、親の肩に赤ちゃんの胸をあてて、背中を上下にさする(2分)

③それでもだめなら、仰向けに寝かせる(5分ほど見守る)

③もう一度縦抱きで、②と同様に上下にさする(2分)

わが家の場合、①の黄色部分がとても重要でした。

大体この方法でやれば、10分以内に90%はげっぷが出ます。

さらにどうしてもでないときは苦肉の策として…

③と④をもう1度くりかえす

or

膝の上に乗せて、背中を上下にさする(上記写真参照)

or

あきらめて、体の右側を下にして横を向かせ寝かせる(15分ほど見守る)

生後4か月となったいまは、この方法で100%げっぷは出るようになりました。

(もしかしたら息子の口の中も成長して、げっぷが出やすくなったのかも)

げっぷを出すためだけに、数十分の授乳のあとに1時間以上もかけていたら
やすまる時間もなくまた授乳…の時間がやってきます。

これでは親も体力が持たずに、本末転倒ですよね。

やり方があっているのかは分かりませんが
これでわたしたち夫婦は、ようやくげっぷの呪縛から解放されました(笑)

苦戦していたときは本当に大変で必死でしたが
それはそれで、いまとなってはいい想い出になっています。

いままさに”げっぷ”で苦戦されている方がいましたら、ぜひお試しください。