2年半高度不妊治療をしてきたわたしが泣いてしまった。夫婦の絆、いのちの尊さを教えてもらえるブログをご紹介します。

29歳から不妊治療をはじめて、32歳で待望の第一子を妊娠出産をしました。

あっという間に息子は生後3ヶ月。

笑顔もたくさんみれるようになり、夫婦ともにとても癒されています。

2年半の高度不妊治療を経て授かった息子。第2子の治療は6つの凍結胚移植で終了することを決意。
生後2ヶ月を過ぎ、順調に大きくなっている息子。 日々おなじスケジュールを淡々と過ごすことに すこしだけ物足りなさを感じていた...

息子を無事に妊娠、出産することができたことは、本当に奇跡。
いまでもたくさんの方に感謝しています。

不妊治療をすることができる。

これはとても幸せなことです。

不妊治療ができなかったら、わが子に会うことはできませんでした。

確かに、不妊治療はつらいです。苦しいです。

お金もかかりますし、時間も、体力も、精神力も必要です。

でも、いまは結果論でしか言えませんが

わたしたち夫婦は、夫婦の絆、命の尊さをあらためて教えてもらえた。

2年半の不妊治療の経験からずっと…いまでもそう思っています。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

2年半高度不妊治療をしてきたわたしが泣いてしまった。夫婦の絆、いのちの尊さを教えてもらえるブログをご紹介します。

さて、突然ですがここで紹介したいブログがあります。

このブログに出会った日。

わたしは貪るように記事を一気に読み、涙しました。

理系男子のボクと奥さんの不妊治療のこと

このブログの管理人は男性です。

奥さんをこころから尊敬していて
男性(夫)側の目線で、本心がつづられています。

5年間の治療の末、お子さんを授かりましたが
ひとりは流産、もうひとりは死産。

妊活をはじめてから不妊治療、不育治療、マタニティライフを
夫婦2人3脚で愛する子どものために、つづけてこられました。

わたしは不妊症ではありましたが、不育症ではありません。
化学流産を繰り返してきただけで、死産の経験はありません。

それでも、夫との子どもを授かって、産み、家族で一緒に過ごしたかった。

普通の人たちが、普通にしていることをしたい。

この想いはずっと、ずっと、こころの中にありました。


話が脱線してしましたが

夫婦の絆、いのちの尊さを、あらためて教えてくれる「ここトトさん」のブログ

ぜひお時間があるときにご覧になってください。

不妊症、不育症で悩み、苦しまれているすべての方が
どうか大切なわが子に会えますように。

こころよりお祈りしています。