初産のわたしが、予定帝王切開と決まってから出産2日前までの心境を記録します。

2017年4月4日に、予定帝王切開で待望の第一子を出産しました。

入院期間は、帝王切開だったので6泊7日。

4月10日に退院して、1ヶ月ほど実家にお世話になっていましたが
先日家に戻ってきました。

予定帝王切開と決まってから、出産までの2週間。

はじめての出産だったので、不安になることもありました。

今回は、出産直前までの心境について感じていたことを
ここに書き留めておきたいと思います。

※ここから書く記事は、入院2日前に書いた記事になります

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

初産のわたしが、予定帝王切開と決まってから出産2日前までの心境を記録します。

わたしが通っている産院は、個人病院なので先生は、院長先生が一人。

計画無痛分娩も行っていて、麻酔科の先生も毎週定期的に来られます。

もともと無痛で出産したいと思い、産院を探していたところ
友人の妹さんがおなじ産院で出産予定と聞いて、ここに決めました。

わたしの地元にも、それなりに有名な産院があったにもかかわらず
電車で15分ほど乗って妊婦健診に通っていました。

それから日が経ち、35週6日。11回目の妊婦健診日。

ついに予定帝王切開が決まりました。

日程が決まっているので、予定も立てやすく良いことばかり!

なんて言いたいところですが、すこしずつ出産予定日が迫ってくると
日に日に不安な気持ちが出てきました。

わたしがちゃんとした母親になれるのだろうか、なんてことから
帝王切開とはいえ手術であること、面会時にきちんと対応できるかetc。

なぜいまになって、そう思うのかがよく分かりませんが
漠然とした不安を感じるときが、この直前期に多くありました。

産むときは麻酔が効いているので痛みは無い(はず)
痛いのは麻酔が切れてからの2日目~3日目。
その間に面会に来るのは、両親、義両親、義兄弟。

体も回復していない&シャワーも浴びれない状況で、人さまに会うのは
できたら避けたいなと思いましたが、孫フィーバーのためそれも叶わず。

そんな心境のなか、一度だけ夫に「ときどき不安なときがあるんだよね」
こう話したことがありました。

夫は「帝王切開はよくあるみたいだし大丈夫だよ」と、夫なりに心配して
くれましたが、どこか他人事にも感じてしまったりもして。

こんな感じで…まとまりのない文章になってしまいましたが
出産直前なのに、若干マタニティブルーになっているわたしです(笑)

でも赤ちゃんに会いたいという気持ちが大きいことは、間違いありません!

出産後のわたしが、この記事を読みなおしたらどう思うのかな?

そんな気持ちで、出産2日前の心境を書いてみました。

ツイッターで近況報告中