【出産記録】0m2d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院2日目)

2017年4月6日(0m2d/入院2日目)

入院1日目に個室へ移動してから、ようやく母子同室開始となりました。

【出産記録】38w2d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院0日目)
2017年4月4日(38w2d/入院0日目) 妊娠後期も臨月にさしかかったころ。 母体側の狭骨盤により、予定帝王切開が決...
【出産記録】0m1d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院1日目)
2017年4月5日(0m1d/入院1日目) 術後、縫合処置が終わってベッドへ運ばれてからのこと。 ...

帝王切開の傷は、起き上がるとき、前かがみのとき、トイレのとき等
まだ若干痛みを伴うものの、このころにはだいぶ回復してきました。

そして、わが子と過ごすこの貴重な時間は、とてもしあわせでした。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

0m2d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院2日目)

入院2日目
0715 検温、帝王切開きず確認、抗生物質点滴
0800 朝食、内服
0915 検温、血圧、子宮収縮確認、採血、背中の管が抜ける
0945 シャワー
1000 母子同室開始、ミルク
1145 炎症反応あり・抗生物質追加点滴
1200 昼食、内服
1300 ミルク
1600 ミルク
1730 夕食、内服
1900 ミルク
1930 抗生物質点滴
2200 ミルク
2230 新生児室へ預ける

入院2日目も変わらず豪華な食事がつづきます。

1日ごとに、和食→洋食→和食…と交互に出てきます。

洋食のメニューは、普段わたしが食べないものばかりでしたが
入院中はできるだけ残さないように、おいしくいただきました。

当日も、定期的に助産師さんが検温にきます。

術後から、1度も麻酔による痛みどめをつかわなかったことから
ここで背中の麻酔管を外してもらうことになりました。

これでのこるは、腕の点滴部分のみ。
(採血の結果、炎症反応が出てしまったため点滴は外れず…)

ようやく2日ぶりのシャワーの許可がおります。

シャワーを浴びたあとは、助産師さんがコットに入った赤ちゃんを
部屋まで連れてきてくれました。

さっそく前日に教わった、ミルクをあげたり、オムツを替えたり…

慣れない手つきながらも、赤ちゃんの表情、しぐさがかわいくて
たのしみながら過ごしていました。

ミルク(母乳も含めて)をあげた時間、量、そしておしっこ、うんちは
このように「授乳表」へ書き込んでいきます。

授乳表に書かれているとおり、ミルクが多い理由は
わたしは陥没乳首のため、母乳が吸いづらい&なかなか出ないためです。

出ないものはしょうがないので、はじめからミルクを月齢にあわせて
つくっては授乳をしていたことが、のちのち大変なことに…

これについては、また別途記事にしていきます。

わたしの入院した産院では、普通分娩は当日から、帝王切開は翌日から
母子同室開始となります。

ただ夜中は預かってくれたりと、お母さんの体調に合わせてくれます。

さすがのわたしも、術後しばらくは睡眠不足&体力がなかったので
夜中に快く預かってもらえたことは、とても助かりました。