【出産記録】0m1d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院1日目)

2017年4月5日(0m1d/入院1日目)

術後、縫合処置が終わってベッドへ運ばれてからのこと。

【出産記録】38w2d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院0日目)
2017年4月4日(38w2d/入院0日目) 妊娠後期も臨月にさしかかったころ。 母体側の狭骨盤により、予定帝王切開が決...

当日は産後ハイだったためか、すっかり目が覚めてしまい
翌朝まで一睡もできませんでした。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

0m1d 予定帝王切開*入院から退院までの流れ(入院1日目)

入院1日目
0100 抗生物質追加
0400 鎮痛剤追加
0500 会社等へ出産報告
0700 検温、血圧、抗生物質追加、薬の処方
0800 朝食、内服(痛み止め、内服薬)
0930 検温、血圧、子宮収縮確認、歩行、荷物をまとめる
1000 赤ちゃん初披露
1030 着替え、個室へ移動
1200 昼食、内服
1300 母子同室開始
1500 検温、血圧、子宮収縮確認
1515 母乳(ミルク)指導
1730 夕食、内服
1830 ミルク
1930 検温、血圧、子宮収縮確認、抗生物質点滴
2100 ミルク
2200 新生児室へ預ける

術後の深夜、血栓予防のため足にはポンプ、背中には麻酔の管
腕には点滴、尿管もつながり、トイレにも行けない状態でした。

悪露(おろ)も出ていたので、ナプキン交換等をするために
助産師さんが1~2時間ごとに、取りかえに来てくれます。

そんな状態だったので、もちろん寝返りすらうてません。

ただ傷の痛みはあったものの、わたしが痛みにわりと強いこと
また麻酔が効いたことで、思ったより辛いと感じませんでした。

この間やっていたことは、ひたすら足首やひざを動かすこと。

麻酔が切れてきたら足を動かすよう、助産師さんに言われたので
とにかく起きている間はがんばりました。

こうしてすこしずつ麻酔も抜けてきた朝方。

水分補給もできるようになったので
持参したアクエリアスを半分ほど飲んで、ホッと一息。

そうこうしているうちに、朝食がやってきました。

ほかの方の帝王切開記事では、重湯(おもゆ)等
軽めの食事だったので、まさかの豪華な朝食にびっくり…

食いしん坊のわたしにとっては、うれしい誤算です(笑)

前日からなにも食べていなかったので、しっかり完食しました。

朝食後は、術後はじめての歩行。

ひとりでトイレに行けたら、尿管が外れると聞いて俄然やる気に…

立上がりは心配でしたが、案外すんなりと歩くことができました。
(助産師さんも、さっさと歩くわたしに驚いていました(笑))

歩けたことで無事に尿管も外れたので、荷物をまとめて個室へ移動。

個室へ移ってからは、ついに母子同室開始!

こうして出産翌日から、わが子と過ごす日がスタートしました。