【妊娠後期】30w0d やりたいことリスト⑦*自治体(区)の両親学級に夫婦で参加&夫の反応はまずまずでした♪

2017年2月4日(29w6d)

自治体(区)の両親学級に、夫婦で参加してきました。

自治体で開催する両親学級は、人気のある休日に予約を取るのが難関です。

そのため、2ヶ月間予約が取れずにいましたが
8ヶ月目にしてようやく滑り込むことができました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

30w0d やりたいことリスト⑦*自治体(区)の両親学級に夫婦で参加&夫の反応はまずまずでした♪

<当日の流れ>

9時00分 受付
9時15分 助産師さんの話(妊娠~産後のからだの変化と日常生活)
10時30分 休憩(パパの妊婦体験)
10時45分 保健師さんの話(赤ちゃんのお世話・ママパパになる準備)
11時40分 赤ちゃんの抱き方・お着替え体験

助産師さん、保健師さんの講義は
どちらかというと夫向け(夫婦で支え合うような)の内容でした。

なかでも良いなと思ったのは、パパの妊婦体験。

9~10キロの重りがついたベストを付けて
館内を歩き回る(ひとり5分程度)というものです。

たった5分でも、歩きつづけることの大変さや、階段の上り下りが
どれだけ大変かを、すこしでも分かってもらえたかなと思います。

また、最後に行った赤ちゃんのお着替え体験。

3キロの人形を着替えさせる作業は、思ったよりもむずかしくて
夫とあーだこーだ言いながらやる共同作業が、たのしくもありました。

ひとつ欲を言えば、沐浴の体験もやってみたかったな。

それでもたった半日で、助産師さん、保健師さんの講義を聞けたこと
そしてこれらの実体験ができたことは、とてもいい経験になりました。

帰り際には、助産師さんと面談をする機会もあったので
思いきって、健診で胎児が基準値よりだいぶ大きいこと(とくに頭が)

早生まれについて、いまの自治体は保育園入園が不利なのかなど…
話を聞いてもらいました。

・胎児が基準値より若干大きいことは、なんの問題もないこと
・自治体(わたしの住む)の保育園は、早生まれの方が有利だということ
・早生まれの成長の遅れは、むしろ頑張り屋の子が多いということ

助産師さんは笑顔でこう答えてくださり、わたしたちも安心しました。

両親学級に参加した夫は、このあともらった冊子をカフェで熟読。
家事についても、いままで以上に気をかけてくれるようになりました。

また、会社でも1ヶ月ほどの育休取得を本気で考えているようなので
本番でもいいパパになってくれそうです。

やりたいことリスト
①資格の勉強をする
②映画館で映画を観る
③普段行けないお店で外食をする(月1回以上)
④断捨離・赤ちゃんのためのスペースを作る
⑤安産祈願に行
⑥歯科検診に行く
⑦両親学級に行く
⑧各種手当関係の下調べ・準備をする
⑨保育園を探す
⑩内祝いのお返しを探す
⑪子ども用の印鑑をつくる