【妊娠初期】9w4d 広尾レディースクリニックへ、出生前診断「オスカー(OSCAR)検査」のカウンセリングに行ってきました。

9月15日(9w4d)

この日は午前中に母子手帳の交付をうけたことは、前回の記事に書きました。

9週で念願の母子手帳を受取りました&妊婦健診をする産院が居住地域ではない場合、補助券が使えない?
9月15日(9w4d) TICを卒業するとき、産院に行く前に母子手帳を。と言われていたので 先日会社をおやすみして、午前中に...

そして午後は、広尾レディースクリニック(以下、HLC)へ
出生前診断「オスカー(OSCAR)検査」のカウンセリングを受講しました。

出生前診断については、わたしたち夫婦は、不妊治療をしているときから
いつか授かることができたら、受けよう。そう話をしていました。

どこで受けるかは(治療が難航していたため)決めていませんでしたが
友人がHLCで受けたと聞いて、ここで受けることにしました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

9w4d 広尾レディースクリニック 出生前診断「オスカー(OSCAR)検査」のカウンセリング内容。

20160919①

●出生前診断記録
2016年9月~10月

11時30分 受付
12時00分 カウンセリング
12時40分 エコー(胎児25.5㎜)
12時50分 お会計

カウンセリングは、院長先生でした。

院長先生
こんにちは。まず問診表の内容確認をさせていただきますね。
(…内容確認後)めるさんは、体外受精で戻して妊娠したんですね。いま飲んでいる薬なんだけど、バイアスピリンとチラーヂンは、どういった経緯で飲んでいるの?
める
チラーヂンは、甲状腺機能低下症で伊藤病院で治療をしています。バイアスピリンは、TICで”念のため”ということで処方されていました。
院長先生
そうですか。チラーヂンは、伊藤病院で診てもらっているのであれば、問題ないでしょう。バイアスピリンは不育症のお薬ですからね。賛否両論あるんですよね。
不育症の検査は引っかかったの?
める
不育症の検査は引っかかっていません。一部の結果がいづれも低値だったことから、念のためということで処方いただいていました。
院長先生
そうですか。
めるさんはオスカー検査を希望されていますが、この検査で高い確率が出た場合、羊水検査を受ける可能性も出てくると思います。そのとき、バイアスピリンやヘパリンを使用している方は、使用を止めないといけないんですよ。
使用を止める期間は1週間程度になりますが、それでも流産につながってしまうと、やはり薬を止めたせいだと思われてしまうこともあります。実際はバイアスピリンであれば効果は小さいので問題はないのですが…
だからね、不育症のお薬を使用している方は、この検査を懸念する先生方が多いのが現状です。
めるさんも、もし羊水検査をされる場合は、夫婦でしっかりと話し合ってどうするか決めてください。
める
分かりました。詳しくお教えいただいてありがとうございます。
バイアスピリンはわたしの場合、絶対必要というわけではなさそうなので、大丈夫だと思います。
まずはオスカー検査を受けてから決めます。
院長先生
そうですね。
それでは、染色体異常についてお話をしていきますね。
オスカー(OSCAR)検査は、確定診断の検査ではありません。先天性疾患が起きる確率を予測するスクリーニング検査で、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトウ症候群)を調べます。
めるさんの場合、過去に化学流産を繰り返していますが、これは他のトリソミーに異常があったもので、妊娠継続をすることができなかったということになります。
21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーは、妊娠継続して生まれてくることも多くあります。
だからその確率をみていこうということです。
める
わたしの年齢の場合、確率はどの程度あるのでしょうか?
院長先生
めるさんは32歳となりますので、確率は約1/500程度です。20代であれば、1/1000と確率はかなり低くなりますが、30歳を過ぎると確率はどんどん上がります。
この検査は、20代、30代の方に受けていただいた方が良い検査ということなんです。
める
よく分かりました。ありがとうございます。
院長先生
それでは、検査期間は12~13週となりますので、受付で予約を取ってください。
当日は、NT(首のむくみ)、お母さんの年齢、赤ちゃんの大きさ、赤ちゃんの心拍数、お母さんの血液検査(PAPP-A,freeβhCG)の5つを組合せてリスクを出す検査を行います。血液検査もありますので、1時間ほどみておいてください。
める
はい、分かりました。よろしくお願いします。

最後に受付で検査予約(平日のみ)を入れて、カウンセリングは無事に終えました。

「オスカー(OSCAR)検査」の詳細はHLCのHPをご覧ください。

じつはカウンセリング後、先生にお願いをしてエコー検査もしていただきました。

胎児は(寝ているのか)動いてはいないものの
週数どおりに大きくなっていて、力強い心拍も見せてくれました。

また、院長先生からは、エコー画像(胎児の首の部分)を見ながら
NTの見方を簡単に教えていただき、とても勉強になりました。

●BT49/9w4d
※黄体ホルモン補充から4日後に移植のため、BTと週数に1日ずれがあります

20160919②

20160919③

週数/BT
hcg/胎嚢/胎児 数値/サイズ
3w6d/BT9 hcg 131.4mIU/ml
4w6d/BT16 胎嚢 5.8ミリ
6w6d/BT30 胎嚢
胎芽
約1.5~1.8ミリ
9.5ミリ
7w4d/BT35 胎芽 13.9ミリ
8w3d/BT41 胎児(CRL) 20.3ミリ
8w6d/BT44 胎児(CRL) 20.0ミリ
9w4d/BT49 胎児(CRL) 25.5ミリ

●通院備忘録
9/15 出生前診断 カウンセリング
9/17 産院 初診

●出生前診断にかかった費用

出生前診断(オスカー(OSCAR)検査)
通院数 金額
初診・遺伝カウンセリング・超音波検査 22,620円
出生前診断(オスカー(OSCAR)検査) 合計 22,620円
総計 22,620円