【治療記録】体外受精/移植周期(8回目) BT44(8w6d)胎児(心拍)確認の結果(5回目)と卒業証書授与。

9月10日(BT44)

5回目の胎児(心拍)確認、TIC最後の診察日でした。

このあと画像を載せています。

つらい方は、このまま画面を閉じていただければ幸いです。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

BT44(8w6d)胎児(心拍)確認の結果(5回目)と卒業証書授与。

20160914①

●治療記録
2016年6月~9月 凍結胚移植周期(8回目)

8時20分 受付
8時30分 診察・エコー(胎児20㎜)
8時45分 薬の受け渡し
8時55分 凍結胚更新手続き
9時10分 お会計

最後の診察も、院長先生でした。

院長先生
めるさん、こんにちは。あれからお体の具合はいかがですか?まずは、内診してみましょう。
(内診中…)胎児は元気そうですね。ご主人呼びましょうか。
(夫登場後…)動いているの分かりますか?
サイズは、20ミリほどですね。
める&める夫
先日はありがとうございました。お腹の方は、あれからは痛みもなく落ち着いています。
(内診中…)左右にゆらゆらと動いているような…あっ分かります!
院長先生
はい、元気ですね。それではまた診察室でお話ししましょう。
院長先生
おつかれさまでした。胎児のサイズは3日前と変わっていないように見えますが、これは計測の誤差の範囲ですので、気にしないでください。
エコー上では元気に動いていましたし、心拍も継続確認ができました。今日で8w6dとなります。
それでは、黄体ホルモン補充は手持ちのものが今日なくなると思いますので、これで終了してください。
漢方(柴苓湯)は足りているので大丈夫ですね。バイアスピリンは2週間分追加で出しておきますね。
これらの薬は、産院の先生と話し合って、どこまでつづけて服用するかを決めていってください。
める
はい、分かりました。
いままで本当に、ありがとうございました。FCTで7回も挑戦してダメだったので、もうダメかもしれないと思っていました。
本当に先生のおかげです。ありがとうございました。
院長先生
卵の質が良かったんですよ。わたしは何もしていませんので。でも、本当に良かったです。あと6つ、当院で大切な卵をお預かりしていますので、無事に出産されましたら第2子を迎えに来てあげてください。
める
ありがとうございます。まずは無事に出産できるように頑張りたいと思います。
あと、凍結胚の更新がそろそろだと思いますが、こちらは本日お支払することは可能でしょうか?
院長先生
大丈夫ですよ。あとで培養士に伝えておきますので、更新手続きをしていただければと思います。
あと、めるさんは甲状腺の関係で、伊藤病院へ行かれていたと思いますので、こちらも再度通院された方がよろしいかと思います。妊娠後の甲状腺管理は、流産防止にもなりますので。
める
凍結胚更新の件、ありがとうございます。
伊藤病院についても、じつは今日午後に通院しようと思っていました。はやめに受診して先生にお話ししてきたいと思います。
院長先生
そうですか。それなら大丈夫ですね。
あとは何かありますか?なければ今日で卒業なので、凍結胚の更新手続きと薬の受け渡しをしてから、お帰りくださいね。
める
先生…最後に握手させていただけませんか?
院長先生
(笑顔で握手をしながら)がんばって元気なお子さんを産んでくださいね。
める
ありがとうございます。本当に、ありがとうございました。

院長先生は力強く手を握ってくれて、元気な赤ちゃんを産んでください。

そう笑顔で言ってくれました。

このあと、看護師さんから薬の受け渡しがあり
卒業証書と出産報告はがき、キューピー、葉酸サプリをいただきました。

このキューピーちゃんは、9週相当の大きさ(約3センチ)とのことで
来週にはこのくらいの大きさになるそうです。

培養士さんともお話ができて、凍結胚の保管については
とりあえず安定期に入るまでの2か月間の更新となりました。

安定期に入ることができたら、1年間の更新をしに行きたいと思います。

TICに転院してから、1回目の移植で妊娠継続をすることができました。

何度も化学流産だったわたしにとって、ここまでこれたことは奇跡です。

院長先生、培養士さん、看護師さん、受付のみなさん

感謝の気持ちを伝えても、伝えきれないくらい、感謝しております。

元気な赤ちゃんを出産して、またいい報告をさせてください。

●BT44/8w6d
※黄体ホルモン補充から4日後に移植のため、BTと週数に1日ずれがあります

20160914②

20160914③

判定では、BT9(3w6d)で、hcgは131.4mIU/ml。
BT16(4w6d)で、胎嚢は5.8ミリ。
BT23(5w6d)で、胎嚢は約1~1.5ミリ。胎芽は2.6ミリ。
BT30(6w6d)で、胎嚢は約1.5~1.8ミリ。胎芽は9.5ミリ。
BT35(7w4d)で、胎芽は13.9ミリ。
BT41(8w3d)で、胎児は20.3ミリ。
BT44(8w6d)で、胎児は20.0ミリ。
※8週を超えると胎芽ではなく、胎児という言い方になるそうです

これにて、一旦治療記録は終えます。
(過去ブログから記事の移行は、すこしずつやっていきます)

これからのこと。

ブログ自体を辞めるのか、どうしようか迷いましたが
不妊治療は妊娠がゴールではないというのが、自分の中での答えでした。

赤ちゃんを出産して、あたらしい生活がはじまるそのときまで。

あたらめて出産までの記録を、このブログに綴っていきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけたら大変うれしく思います。

●通院備忘録
9/10 診察・内診(胎児(心拍)確認)※卒業
9/17 産院 初診

●初診・体外受精/移植周期(8回目)にかかった費用&治療費総額

初診・体外受精/移植周期(8回目)
通院数 金額
初診(診察・超音波検査・投薬(エストラーナ)) 10,180円
超音波検査・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠) 33,340円
凍結胚移植・投薬(バイアスピリン・漢方(柴苓湯)) 81,240円
採血(判定)・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠・バイアスピリン・漢方(柴苓湯)) 23,250円
超音波検査・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠) 11,050円
超音波検査・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠・バイアスピリン・漢方(柴苓湯)) 16,150円
超音波検査・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠・バイアスピリン) 13,090円
超音波検査・投薬(エストラーナ・デュファストン・ルティナス膣錠・バイアスピリン) 15,420円
超音波検査・採血(E2・PROG・白血球・赤血球・血小板数・Dダイマー) 3,960円
超音波検査・投薬(バイアスピリン)・凍結胚更新手続き・紹介状 10 20,520円
初診・体外受精/移植周期(8回目) 合計 228,200円
助成金 総計 ▲733,600円
治療費 総計 2,510,008円