【治療記録】体外受精/移植周期(8回目) 判定日(BT9)からのhcgの伸び率を試算&BT18~21(胚盤胞2個同時移植) DAVIDでフライング実施。

8回目の凍結胚移植(内、1回は中止)

転院後、はじめての胚盤胞の2個同時移植(排卵後4日後の移植)。

前回の記事では、BT4~BT16(判定日)までのフライングについて書きました。

【治療記録】体外受精/移植周期(8回目) BT4~BT16(胚盤胞2個同時移植) ドゥーテスト・DAVIDでフライング実施。
8回目の凍結胚移植(内、1回は中止) 転院後、はじめての胚盤胞の2個同時移植(排卵後4日後の移植)。 前回の記事...

今回もひきつづき、BT18~BT22(卵黄嚢確認前日)までのフライングについて
見ていきたいと思います。

●フライングスケジュール

①BT4 DAVID(検出感度25IU)
②BT5 DAVID(検出感度25IU)
③BT6 DAVID(検出感度25IU)・ドゥーテスト(検出感度50IU)
④BT7 DAVID(検出感度25IU)
⑤BT8 DAVID(検出感度25IU)
⑥BT9 DAVID(検出感度25IU)・ドゥーテスト(検出感度50IU)/判定日(hcg131.4mIU/ml)
⑦BT12 DAVID(検出感度25IU)
⑧BT16 DAVID(検出感度25IU)/胎嚢確認日(胎嚢5.8ミリ)
⑨BT18 DAVID(検出感度25IU)
⑨BT21 DAVID(検出感度25IU)

このあと画像を載せています。

つらい方は、このまま画面を閉じていただければ幸いです。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

判定日(BT9)からのhcgの伸び率を試算&BT16~21(胚盤胞2個同時移植) DAVIDでフライング実施。

判定日(BT9)からhcgの伸び率を試算

※1.5日でhcgが2倍になると仮定して試算

日付
BT hcg(IU/ml)
8/6(朝) ※判定日 BT9 131.4 IU/ml
8/7(夜) BT10 262.8 IU/ml
8/9(昼) BT12 525.6 IU/ml
8/10(夜) BT13 1052.2 IU/ml
8/11(朝) BT14 1,576.8 IU/ml
8/12(昼) BT15 2,102.4 IU/ml
 8/13(朝) ※胎嚢確認 BT16 3,153.6 IU/ml

判定日のBT9のhcgは、131.4mIU/mlでした。

ここから1.5日で2倍になる前提で試算をすると、このような結果となりました。

いまのところ問題なく胎嚢や胎芽が育っているところを考えると
若干の誤差はありますが、おおむねこのくらいの数値で推移したのでしょう。

つぎは、上記hcgの伸び率を見ながら、フライング画像を見ていきます。

中国製検査薬 David(検出感度25IU)

20160826①

今週期は、BT4から中国製の妊娠検査薬(DAVID)を使用しています。

胎嚢確認ができたBT16以降は、検査薬の数も残りすくないことから
BT16、BT21の2回だけ行いました。

1日ずつ比べるとあまり変わりありませんが
こうして画像に撮って並べてみると、すこしずつ濃くなっています。

BT16以降は、濃さは変わらず、卵黄嚢(らんおうのう)確認前日には
若干薄くなっているようにさえ見えます。

hcgが1万近くになると、さすがのDAVIDも
濃くなっていく推移を見ることはできないんですね。

妊娠検査薬のフライングは、この記事をもって終わりにしたいと思います。

判定日(BT9)は、hcgが131.4mIU/ml
胎嚢確認(BT16)は、胎嚢5.8ミリ(hcg計測無し)
卵黄嚢・心拍確認(BT23)は、胎芽2.6ミリ(hcg計測無し)

日本製の検査薬は値段も高いので、回数はこなすことはむずかしい。

そんな方には、おなじ中国製の「Wondfo」が感度が良いそうなので
「Wondfo」または「DAVID」の排卵検査薬をおすすめします。

●わたしが中国製妊娠検査薬を買ったはお店はこちら