【治療記録】D8 ファティリティクリニック東京(FCT)で行う、凍結胚輸送の手続きの流れ。

7月16日(D8)

ファティリティクリニック東京(以下、FCT)で最後の診察を終えた3日後
のこっている8つの凍結胚を、輸送する手続きを行いました。

【治療記録】体外受精/移植周期(7回目) B病院最後の診察。ファティリティクリニック東京さん、本当にありがとうございました。
7月13日(D5) 7回目の凍結胚移植(内、1回は中止)の判定日から1週間後。 子宮外妊娠の検査による採血と、紹介状の受...

当日は、夫もおやすみをとって、一緒に来てくれました。

午前中にFCTで受取りをすませて
午後一で、そのままD病院で受け入れ手続きを行うスケジュールでした。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

ファティリティクリニック東京(FCT)で行う、凍結胚輸送の手続きの流れ。

20160724①

●治療記録
2016年7月16日 凍結胚輸送手続き

9時50分 受付
10時10分 地下へ降りて、培養室へ声をかける
10時35分 凍結胚受取り&手続き
10時50分 お会計

M培養士
お待たせしました。凍結胚は8つすべて、タンクの中に保管できましたので、お渡しいたします。先日同意書は書いていただいていますので、今日は受け渡し後、そのままお会計をしていただき、転院先へお持ちください。また、今日は土曜日となり午後休診となりますので、タンクの返却は後日お願いします。
める
たしかに受け取りました。タンクの返却いついては、平日可能であれば午前中に返却しますが、どうしてもむずかしい場合は、次週の土曜日でも可能でしょうか。
M培養士
できれば週明けにもどしていただけると助かりますが、どうしてもむずかしい場合は、土曜日の午前中でも構いません。タンクは重いので、気を付けてお持ちくださいね。
める
ご配慮いただきありがとうございます。とてもたすかります。それではそのようにさせていただきます。

同意書は、判定日(化学流産)にすでに書いていたため
当日は転院先のD病院へ渡す書類とタンクの受取り、そしてお会計のみ。

スムーズに手続きを終えることができました。

輸送方法は、自分たちで転院先へ持って行くのが主流のようですが
配達業者へ依頼することも可能です。

業者へ依頼する場合は、費用は割高となり、保証も効かないため
個人で持ち運びをする方がおすすめとのことでした。

自分たちで持って行く場合も、もちろん保証はありませんが
業者へ依頼して何か問題が発生するよりは、まだ良いということなのでしょう。

●通院備忘録
7/16(AM) FCT 凍結胚輸送手続き
7/16(PM) D病院 凍結胚受け入れ手続き

●転院(凍結胚輸送)にかかった費用&治療費総額

転院(凍結胚輸送)
通院数 金額
FCT 凍結胚輸送タンク料 5,400円
転院(凍結胚輸送) 合計 5,400円
助成金 総計 ▲658,600円
治療費 総計 2,346,008円