【治療記録】人工授精1回目 10日間の連続注射で4つの卵が急成長&OHSSの懸念。

2014年12月(D20)

B病院へ転院してはじめての治療となった、1回目の人工授精。

スタート時は、相変わらず薬の反応が悪くて卵胞が育ちませんでした。
そこでホルモン注射(HMG150)を追加しながら、通った10日間。

3回目の診察がやってきました。

この日までに卵胞が育っていなければ、今週期も最悪の場合中止。

緊張した診察日となりました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

人工授精1回目。10日間の連続注射で4つの卵が急成長&OHSSの懸念。

20160601⑦

●治療記録

2014年12月 人工授精

●超音波検査(卵胞チェック)

R:18.18.17.16.14
L:20.20.12

院長先生
一度に排卵されても、すべてが受精して着床する可能性は限りなく低いと思います。
多胎の危険もそこまで高くないので、明日午前中に人工授精をしましょう。
今日は、排卵を促すHCG3000を打ちます。排卵時に激しい腹痛があれば、すぐに病院に連絡をしてください。

そんな不安をよそに、院長先生のエコー検査でうつった画面には
なんと4つ以上も、大きく育った卵胞がありました。

B病院では、18mm以上の卵胞があれば、人工授精可能とのこと。
治療をはじめて半年間。

これでようやく一歩前進したんだ…そう安堵した矢先
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の懸念を院長先生から伝えられることに。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは
卵(卵胞)が不妊治療における排卵誘発剤に過剰に刺激されることによって
卵巣がふくれ上がり、お腹や胸に水がたまるなどの症状が起こること

一般に体外受精をするときは、採卵数を多く取る必要があることから
卵巣の中で複数の卵胞を育てることになります。

卵巣が過剰に刺激される=卵胞が育ちすぎる

この場合、OHSSになるリスクが高ります。

わたしは無月経による排卵障害のため、薬に頼るしかありません。

連日の注射でせっかく育った、大切な卵を無駄にはしたくない。

その気持ちを伝えて、人工授精を行うことになりました。

病院によっては、多胎に関してはリスクが高く
4つあれば4つ子の可能性もあり、見送るという先生もいらっしゃいます。

たとえその危険があったとしても
わたしは絶対にやりたい。 挑戦したい。前に進みたい。

この気持ちが強くありました。

当日はHCG3000の筋注を打ってもらい、デュファストン錠を処方され
あとは翌日の人工授精を待つのみとなりました。

●初診(スクリーニング検査)・人工授精(1回目)にかかった費用&治療費総額

初診・人工授精
通院数 金額
AMH・初診時感染症スクリーニング検査 23,760円
初診・精液検査(夫) 1,160円
血液検査(超音波・LH-RH・E2・テストステロン
・下垂体前葉不可・PRLなど)
10,110円
子宮卵管造影(イソビスト注300)・投薬(セフゾンカプセル)
・HMG筋注150・感染症検査セット(自費)
15,810円
超音波検査×2日間・HMG筋注150×8日間・投薬(デュファストン錠) 11,090円
初診・人工授精 合計 61,930円
治療費 総計 116,160円