【治療記録】人工授精(1回目) 陽性判定が出るまでの超初期症状。

人工授精当日から陽性判定が出るまでの症状を、記録のために残しておきます。

20160601⑪

人工授精 2014年12月18日
フライング判定日 2015年1月4日
病院判定日 2015年1月6日

2014年12月18日(人工授精日当日)
排卵痛もなく、術後もとくになんの違和感もなく終える

2014年12月19日(人工授精1日目)
HCGの注射が効いて卵巣が腫れてきたためか、日中下っ腹が重く感じる
この日が排卵日と判断

2014年12月20日~28日(人工授精2日~10日目)
デュファストンの影響で体が熱く感じる
高温期がはじまったが、その他は症状はなし

2014年12月29日(人工授精11日目)
仕事中から頭痛がでてくる。帰宅後は激しい頭痛のため、トイレに籠る
横にもなれないひどい状態だったため、1度だけ市販の鎮痛剤を飲む
その他、頭痛からくる腹痛と吐き気があり

2014年12月30日~31日(人工授精12日~日13日目)
頭痛が多少残るが、その他はとくに症状はなし

2015年1月1日~2日(人工授精14日~15日目)
頭痛が治り、代わりに腰痛と胸の張り、眠気が出てくる
お腹の張りがすこしずつ無くなっていき、若干不安がのこる

2015年1月3日~4日(人工授精16日~17日目)
腰痛と胸の張りあり。胃の上部に不快感を感じる

2015年1月5日(人工授精18日目)
お腹の張りを感じる。子宮右側付近に痛みを感じる

2015年1月6日(人工授精19日目*陽性判定日)
お腹の張りを感じる。子宮付近に痛みを感じる

2014年12月18日に人工授精を行い、翌年1月1日が生理予定日でした。

いま考えると、たしかに超初期症状はありました。

ただ、生理前の症状に似ていたため、当時は着床したときの症状かどうか
はっきり言ってよく分かっていませんでした。

判定日以降は、お腹の張りも治まってきたことから(OHSSが治ってきた)
妊娠継続が厳しいかもしれないと、手帳に記録しています。

そして判定から数日後、胎嚢確認目前に出血。

化学流産という結果となりました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)