【治療記録】はじめての人工授精。一般不妊治療のメリットと、わたしの場合(無月経)のデメリット。

2014年12月(D11)

B病院へ転院してから、2回目の診察日。

20160601⑤

初診で受けた検査結果は、E2とLHという値が極端に低いという
(限りなく0に近い) 無月経特有の症状以外、問題はありませんでした。

そこで夫と話し合った結果、ファティリティクリニック(以下、FCT)
でのはじめての周期は、一般不妊治療の人工授精をすることにしました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

はじめての人工授精。一般不妊治療のメリットと、わたしの場合(無月経)のデメリット。

20160601⑥

●治療記録

2014年12月 人工授精

一般不妊治療は、タイミング療法・人工授精の2つの治療方法があります。

どちらも保険がきくこと、そして通常はホルモン剤を多く使わないため
体力的にも金銭的にも抑えられるというメリットがあります。

逆にデメリットは、ホルモン剤をつかうべき人(わたしのような人)は
病院で投薬してもらう以外に方法はないということです。

つまり、自己注射などの保険適用外は、一般不妊治療で受けられないため
できるだけ仕事を抜けて(または休んで)通わなくてはいけません。

わたしの場合、さきにも書いたとおり
検査結果から、E2とLHという値が極端に低いことからホルモン注射が必須。

そのため、職場から片道50分ほどかかるFCTへ、日々通うことになりました。

FCTは、9時半~18時まで。

どんなに遅くても、17時前には会社を出ないと通うことがむずかしい状況。

当時は直属の上長へ素直に話をして、お昼休みに抜けさせてもらい
注射を打ってもらうためだけに、2時間近く会社を抜けることもありました。

もちろん、お昼に抜けた分は、朝はだれよりもはやくに出勤して
夜は仕事を優先。残業をして、業務が滞らないように心がけました。

いま思うと、あのとき上長の理解がなければ、決してこなせなかったでしょう。

本当に感謝しています。

これを何度も繰り返すことは、仕事にも支障をきたすと感じたわたしは
これがダメだったら、ステップアップしか道はない。

そう覚悟を決めていました。

●初診(スクリーニング検査)・人工授精にかかった費用&治療費総額

初診・人工授精
通院数 金額
AMH・初診時感染症スクリーニング検査 23,760円
初診・精液検査(夫) 1,160円
血液検査(超音波・LH-RH・E2・テストステロン
・下垂体前葉不可・PRLなど)
10,110円
子宮卵管造影(イソビスト注300)・投薬(セフゾンカプセル)
・HMG筋注150・感染症検査セット(自費)
 2 15,810円
初診・人工授精 合計 50,840円
治療費 総計 105,070円