【治療記録】ファティリティクリニック東京の初診。高度不妊治療専門病院の初診当日の流れ&かかった費用まとめ。

2014年12月(D6)

B病院の体外受精説明会にいったあと、すぐに初診を予約。

当日は半休を取って、夫と一緒に行ってきました。

20160601④

当日は、16時予約。

受付で問診票を書き、A病院の紹介状と検査結果をわたしました。
また先生の指名ができるとのことだったので、院長先生を指名しました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

高度不妊治療専門病院の初診当日の流れ&かかった費用まとめ。

治療費まとめ

15時45分 受付
16時30分 院長先生面談
16時40分 内診
17時00分 院長先生面談②
17時30分 看護士さん面談(採血などの検査)
17時45分 夫精液検査
19時30分 お会計

院長先生との面談

A病院からの紹介状と検査結果を見ながら、過去の治療内容や時期について
質疑応答がありました

内診(超音波検査)

モニターを見ながら院長先生が説明してくれましたが
見慣れない映像で、何が何なのか分からず…とにかくうなずいていました

院長先生との面談②

院長先生
卵巣、子宮は、画像上ではとくに問題ありませんでした。
検査の結果をみてからステップアップするかどうか、今後のことを考えていきましょう。
年齢も若いので、はじめから体外受精をしなくても良いかもしれませんので。
ただめるさんの場合、人工授精になったとしても、毎日注射は必要となります。
当院に通えないときは、代理で打ってくれる病院を探してくださいね。

看護師さんの説明

当日の検査と、次回受ける「子宮卵管造営検査(※1)」の説明を受けました

AMH、LH/FSH/PRL/E2測定、LH-RHテスト/TRHテスト(※2)

血液検査のために、1時間かけて(間隔をあけながら)数本採血しました
結果は次回診察時とのこと

夫の精液検査

わたしが採血などの検査をしていくころ、夫は精液検査をしました

お会計

すべての検査が終わってから、お会計

以上で、初診当日は約3時間半ほどの通院時間となりました。

●初診(スクリーニング検査)にかかった費用&治療費総額

初診(スクリーニング検査) 通院数 金額
AMH・初診時感染症スクリーニング検査 23,760円
初診・精液検査(夫) 1,160円
血液検査(超音波・LH-RH・E2・テストステロン
・下垂体前葉不可・PRLなど)
10,110円
初診(スクリーニング検査)合計 35,030円
治療費 総計 89,260円

●用語・検査時期
※1)子宮卵管造影(月経終了から排卵までに行う検査)
※2)LH/FSH/PRL/E2測定・LH-RHテスト/TRHテスト(月経中に行う検査)