【治療記録】人工授精(1回目) はじめての陽性判定から化学流産までのこと(フライング画像あり)

2015年1月6日(人工授精から19日目)

年初はじめての通院日、そしてはじめての判定日となりました。

年明け1月4日にフライングをして、検査薬で陽性反応がでていたため
先生に伝えたうえでエコー検査、採血をしていただきました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

はじめての陽性判定から化学流産までのこと。

20160601⑩

採血結果は、はじめての陽性判定。

HCG 425mIU/ml
週数 4w5d

数値的には低めですが問題はありません

そう先生に言われて、夫と手を取り合って喜びました。

それから一週間後、胎嚢確認を目前に5w5dで出血がはじまります。

このときは職場にいました。

いそいでB病院へ電話をして、職場に言って半休をもらっての通院。

エコー検査の結果、胎嚢は見えず、内膜もはがれそうと言われました。

採血をすると、HCGは50mIU/mlまで下がっていました。

このときのわたしは、化学流産は妊娠にカウントされないこと
そして化学流産は、よくあることだということをはじめて知りました。

妊娠検査薬で陽性が出れば、かならず妊娠継続して出産までたどり着ける。

そう思い込んでいた甘い考えのわたしは
化学流産という現実に、ショックを隠せませんでした。

これで、1度きりの人工授精は終わりを迎えます。

ここからわたしの体外受精、顕微授精へのステップアップとともに
7回目の移植を終えたいままで、高度不妊治療をつづけることとなりました。