【治療記録】人工授精(1回目) 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状が悪化。卵巣8センチの腫れ・腹水ありで血液検査へ。

2014年12月24日(D27)、27日(D29)

人工授精から6日たったあと、卵巣の腫れがないか、腹水がたまっていないか
卵巣過剰刺激症候群(以下、OHSS)の確認のため、通院しました。

【治療記録】人工授精(1回目) 当日の流れと、クスコ、カテーテルの痛み。
2014年12月(D21) タイミング療法でなにもできなかった4周期を経て、B病院へ転院。 検査のために1周期あけて、よ...

当日のエコー検査の結果は
卵巣が左右ともに8センチの腫れ。そして腹水がすこし溜まっているとのこと。

卵巣は通常3~4センチなので、倍に膨れ上がっているということになります。

そうして、すぐに血液検査に回されることになりました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状が悪化。卵巣8センチの腫れ・腹水ありで血液検査へ。

20160601⑨

当日待てば一部の結果がでると聞いて、なんとも言えない気持ちで待つこと1時間。

結果は、ヘマトクリット値は問題なく、そのほかの値もギリギリ基準値内。

先生からは、中等症のOHSSと伝えられました。

先生
数値は基準内なのでいますぐ入院が必要ということはありません。ただ、卵巣の腫れと腹水がみられますので、激しい運動は控えて、普段の生活でもなるべく安静に過ごしてください。
また、週末ものこりの血液検査の結果をみて、エコーでも診ますので来てくださいね。最悪入院の可能性もあるから。

数日後、血液検査の他項目の結果を聞くために、夫と再度通院。

人工授精9日目でした。

血液検査の結果は、すべて基準値内。問題はありませんでした。

ただエコー検査ではまだ卵巣が腫れている状態で、左右ともに7センチ程の腫れ。
腹水もありました。

人工授精の妊娠率は平均的に6~8%と言われています。

確率は決して高くない治療法ではありますが、わたしにとって治療をしなければ0%。

ひとつひとつの治療がとても貴重な時間に感じていました。

もし妊娠できたら、OHSSの症状が進んで、重症化する可能性があるということ。

それでもわたしは、OHSSが悪化してくれたらいいのに…とまで思っていました。