【治療記録】2回目のタイミング療法も中止。重度の排卵障害と診断されて転院を決断。

2014年10月。

1回目のタイミング療法は、卵胞が育たずにやむを得ず中止。

おやすみ周期をはさんだあと、2回目のタイミング療法周期に入りました。

20160601②

●治療記録

2014年10月 タイミング療法

●2回目のタイミング療法にかかった費用

タイミング療法(2回目) 通院数 金額
超音波検査・処方料(クロミッド錠・加味逍遥散) 4,780円
超音波検査・HMG筋注75 2,300円
超音波検査・HMG筋注150 2,570円
超音波検査・フォルリモンP注75 2,780円
超音波検査・HMG筋注150 2,570円
超音波検査・HMG筋注150 2,570円
HMG筋注150(自費) 1,070円
超音波検査(自費)・処方料(プレマリン錠・プラノバール錠) 3,930円
合計 20,000円

先生
卵胞が育たなければ人工授精もできません。
もう1周期おやすみして、3度目は毎日注射を打ちつづけてみるか、またはほかの方法(体外受精)を検討するか、ご主人と話し合ってください。

このときは仕事の疲れのせいか、動悸がつづいていたため
加味逍遥散という漢方も処方してもらいました。

1回目は5回の注射を打っても卵胞が育たずに1周期おやすみ。
2回目も6回の注射を打ちましたが、卵胞は13mmまでしか育たず。

残念ながら、2回連続で失敗となってしまいました。

おやすみ周期をいれると4ヶ月間。
この間なにもできなかった事実が、だんだんと焦りに変わっていきます。

こうして、2回のタイミング療法の中止を経て
A病院での治療継続はむずかしいだろうと判断。

そしていま通っている高度不妊治療専門のB病院へ、転院することにしました。

スポンサーリンク
ワードプレス②-レクタングル(大)